ドイツ語検定(独検)のメリット10選!

独検

ドイツ語の学習を始めてみたものの、その進捗をどのように確認すれば良いのか、また、学習の成果をどのように証明すれば良いのかで悩んでいませんか? また、ドイツ語の学習に対するモチベーションを維持するための具体的な目標が欠けていると感じている方も少なくないのではないでしょうか。

そんなあなたに、ドイツ語技能検定試験(独検)の受験をおすすめします。

独検は、自分のドイツ語の実力を客観的に測ることができ、学習の成果を具体的に示すことが可能です。また、合格を目指すことで、学習のモチベーションを維持することもできます。

このコラムでは、独検の受験がもたらす具体的なメリットを10点紹介します。

これらのメリットを理解することで、あなたのドイツ語学習の目標設定やモチベーション維持に役立てることができます。ドイツ語の学習を始めたばかりの方から、すでに一定のレベルに達している方まで、独検の受験を考えている全ての方にとって、有益な情報を提供します。

ドイツ語検定(独検)のメリット10選!

1. ドイツ語の実力を客観的に測る

独検は、自分のドイツ語の実力を客観的に測るための試験です。

学習の進捗を確認し、自分の強みや弱点を明確にすることができます。また、合格を目指して勉強することで、学習のモチベーションを維持することが可能です。

これは、自己啓発の一環として、または将来的なキャリアのためにドイツ語のスキルを磨きたいと考えている人々にとって、非常に有益な点です。

2. 幅広い年齢層が受験

独検は、年齢を問わずに受験することが可能です。

大学生が受験者全体の約6割を占めていますが、小学生から90歳代の方まで、幅広い年齢層の方々が独検を受験しています。これは、ドイツ語の学習が生涯学習の一部として捉えられていることを示しています。

3. 表彰制度

独検では、各級の成績優秀者はもちろんのこと、各級の最年少・最年長合格者も表彰しています。

これは、学習者の努力と成果を称え、さらなる学習の励みとするための制度です。自分の努力が認められることで、学習意欲を高めることができます。

4. 大学などの単位認定や入学資格、入学選考基準に採用

独検の資格は、大学の単位認定や入学資格、入学選考基準に採用されることがあります。

これは、ドイツ語のスキルが高いことを証明する一つの手段となり、教育機関や企業における評価に直結します。

5. 履歴書でドイツ語力をアピール

独検は、日本の団体が主催している唯一のドイツ語検定試験として、日本で幅広く受け入れられています。

そのため、履歴書に独検の資格を記載することで、自分のドイツ語力を具体的に示すことができます。

6. 通訳案内士の外国語筆記試験の免除

独検1級合格者は、通訳案内士(通訳ガイド)試験の外国語(ドイツ語)科目筆記試験が免除されます。これは、通訳案内士を目指す人々にとって、大きなメリットとなります。

7. ドイツ語圏での生活に対応できる

独検を取得することで、ドイツ語圏での生活に対応できる標準的なドイツ語を充分身につけることができます。

これは、ドイツ語圏での留学や就職を考えている人々にとって、大きな利点となります。

8. 新聞などの複雑な記事や論述文が読める

独検を取得することで、新聞などの、比較的複雑な記事や論述文などを読むことができます。

これは、ドイツ語の情報を直接取得する能力を身につけることを意味します。これにより、ドイツ語圏の文化や社会、政治などについて深く理解することが可能となります。

9. 自分の体験などについて詳しく話せる

独検を取得することで、自分の体験などについて詳しく話すことができます。

また、社会的・実用的なテーマについて口頭で自分の考えを述べることができます。これは、ドイツ語を使ったコミュニケーション能力を身につけることを意味します。

10. 比較的長い文章の要点を聞き取り、短い文章を正しく書ける

独検を取得することで、比較的長い文章の要点を聞き取り、短い文章を正しく書くことができます。

これは、ドイツ語のリスニングとライティングの能力を身につけることを意味します。これにより、ドイツ語を使った情報の取得と発信の能力を身につけることが可能となります。

ドイツ語検定(独検)合格のメリットについてよくある質問

ドイツ語検定でよくある質問についてまとめました。

ドイツ語検定に合格すると翻訳や通訳の仕事がたくさんもらえる?

ドイツ語検定に合格することは、あなたが一定のドイツ語能力を持っていることを証明するものであり、それ自体が翻訳や通訳の仕事を得るための資格とは言えません。

しかし、ドイツ語検定の高いレベル(特に1級)を持っていると、それはあなたが高度なドイツ語能力を持っていることを示し、それが翻訳や通訳の仕事を探す際の一つの強みとなる可能性があります。

それにもかかわらず、翻訳や通訳の仕事を得るためには、単に言語能力を持つだけではなく、それらの仕事に必要な特別なスキルと経験も必要です。翻訳は、単に言語を理解するだけでなく、文化的なニュアンスを理解し、それを他の言語に適切に変換する能力を必要とします。通訳は、リアルタイムで情報を処理し、言語間で正確に伝達する能力を必要とします。

翻訳や通訳の仕事に生かすためには、以下のようなステップを踏むことが有効です。

  1. 専門知識を身につける:特定の分野(例えば、法律、医学、技術など)についての深い知識を持つことは、翻訳や通訳の仕事において大きな利点となります。専門的な文書や会話を理解し、適切に翻訳または通訳するためには、その分野の専門知識が必要です。
  2. 翻訳・通訳の技術を学ぶ:翻訳や通訳には特有の技術があります。これらの技術を学ぶためには、翻訳・通訳のコースを受講するか、専門的な書籍を読むなどして学ぶことが有効です。
  3. 経験を積む:翻訳や通訳のスキルは、実際にそれらの仕事を行うことで磨かれます。初めは小さなプロジェクトから始め、経験と自信を積み上げることが重要です。
  4. ネットワーキング:翻訳や通訳の仕事を得るためには、業界の人々とのネットワーキングも重要です。これにより、新しい仕事の機会を得ることができます。

以上のようなステップを踏むことで、ドイツ語検定の合格を翻訳や通訳の仕事に生かすことが可能となります。

ドイツ語検定の級ごとのレベル感(すごさ)は?どの級から評価される?

ドイツ語検定の各級は、日常会話から専門的な議論まで、さまざまなレベルのドイツ語能力をはかるためのものです。

例えば5級は基本的な文法や語彙の理解を、1級は母国語話者と同等の能力を証明します。

どの級が評価されるかは、あなたの目標によります。

日常会話を楽しみたいなら3級から4級、翻訳者として通用するレベルを目指すなら1級から準1級が適しています。自分が何を達成したいのかを明確にすることで、適切なレベルを選ぶことができます。

下記よりドイツ語検定の各級ごとの能力を詳しく見てみましょう。これらのレベルは、ドイツ語の読解、聴解、作文、会話などの能力を総合的に評価しています。

  • 1級を持つ者は、ドイツ語を母国語とする者と同等の能力を有しています。これは、専門的な議論が可能であり、ドイツ語圏の社会・文化について深い理解を持つことを意味します。
  • 準1級は、ドイツ語を母国語とする者とほぼ同等の能力を示します。一般的な議論が可能であり、ドイツ語圏の社会・文化について理解を持つことが求められます。
  • 2級のレベルでは、一般的な会話が可能となり、ドイツ語圏の社会・文化について基本的な理解を持つことができます。また、ドイツ語での文章作成や読解も可能となります。
  • 3級を持つ者は、日常生活の中での基本的なドイツ語の会話が可能となります。さらに、簡単な文章の作成や読解ができるようになります。
  • 4級のレベルでは、日常生活の中での簡単なドイツ語の会話が可能となります。基本的な文法や語彙についての理解も持つことが求められます。
  • 5級を持つ者は、ドイツ語の基本的な文法や語彙についての理解を持つことが求められます。

これらのレベルを理解することで、自分がどのレベルを目指すべきか、またはどのレベルの試験を受けるべきかを判断するのに役立つでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました