ドイツ語検定2級に合格するために知っておきたい難易度と勉強法

独検

ドイツ語検定は、日本でドイツ語の能力を測るための試験です。ドイツ語検定には1級から5級までの5つのレベルがありますが、今回はその中でも2級について見ていきましょう。

ドイツ語検定2級は、ドイツ語で一般的な会話や文章が理解でき、多様な場面に対応できるレベルを目指す試験です。しかし、実際にはどれくらい難しいのでしょうか?

このコラムでは、ドイツ語検定2級の難易度と勉強法について解説します。ドイツ語検定2級に挑戦する予定の方や興味のある方はぜひ参考にしてください。

ドイツ語検定2級の難易度

まず、ドイツ語検定2級の難易度について見てみましょう。

ドイツ語検定2級は、日本の大学卒業程度のドイツ語力があれば受験できるとされています。また、欧州共通参照枠(CEFR)ではB1からB2に相当すると言われています。

CEFRとは、欧州評議会が策定した言語学習や教育における共通基準で、A1からC2までの6段階に分かれています。A1は初心者レベルで、C2はほぼ母国語話者レベルです。

CEFRでは、B1は自分の興味や意見を表現できるレベルで、B2は論理的な議論や抽象的な話題にも対応できるレベルです。つまり、ドイツ語検定2級は、ドイツ語で一般的な会話や文章が理解できるだけでなく、多様な場面に対応できるようになる試験と言えます。

ドイツ語検定2級に合格すると、以下のようなメリットがあります。

  • ドイツ語を学習したことを証明できる
  • ドイツやオーストリアなどのドイツ圏への留学や旅行に役立つ
  • ドイツ企業や関連企業への就職や転職に有利になる
  • ドイツ文化や歴史に深く触れることができる

ドイツ語検定2級のレベル

ドイツ語検定2級のレベルを具体的に見てみましょう。

ドイツ語検定2級では、聴解・読解・文法・作文・会話・翻訳の6つのスキルが問われます。試験時間は合計180分で、各スキルごとに配点が決められています。

聴解は30分で20点満点、読解は60分で40点満点、文法は30分で20点満点、作文は15分で10点満点、会話は15分で10点満点、翻訳は30分で20点満点です。

ドイツ語検定2級のレベルとしては、以下のような能力が求められます。

  • 聴解:ドイツ語のニュースや対話などを聞いて、内容や要旨を理解できる
  • 読解:ドイツ語の文章やニュースなどを読んで、内容や要旨を理解できる
  • 文法:ドイツ語の基本的な文法や単語を正しく使える
  • 作文:ドイツ語で自分の意見や体験などを書ける
  • 会話:ドイツ語で自分の意見や体験などを話せる
  • 翻訳:日本語とドイツ語の間で簡単な文章を翻訳できる

ドイツ語検定2級の合格率

ドイツ語検定2級の合格率は、過去5年間で平均して約40%から50%程度となっています。

これは、受験者の約2人に1人しか合格していないということを意味します。これは、ドイツ語検定の中でも最も低い合格率を示しています。

試験範囲が広く、多くの知識や技能が必要になる

ドイツ語検定2級の試験範囲は非常に広く、多くの語彙や文法、そしてそれらを使った表現力が求められます。また、リーディング、リスニング、ライティングといった各スキルも高度なレベルで求められます。

これらを一定のレベルで身につけるためには、広範で深い学習が必要となります。

試験形式が複雑で、時間管理やペース配分が難しい

ドイツ語検定2級の試験は、リーディング、リスニング、ライティングの3部構成となっており、それぞれのパートで求められるスキルが異なります。

また、各パートの時間も限られているため、時間管理やペース配分が重要となります。これらをうまくこなすためには、事前の模擬試験などで形式に慣れることが必要です。

試験当日の時間割については下記のコラムが参考になりますので、ぜひご参照ください。

関連コラム:ドイツ語技能検定とは?試験概要・試験日・レベル・合格率を解説

試験内容が高度で、論理的な思考や抽象的な表現が求められる

ドイツ語検定2級の試験内容は高度で、論理的な思考や抽象的な表現が求められます。

例えば、複雑な文章の理解や、自分の意見を論理的に述べる能力などが試されます。これらを身につけるためには、単なる語彙や文法の学習だけでなく、実際にドイツ語を使ったコミュニケーションの経験が必要となります。

試験対策に適した教材や情報が少ない

ドイツ語検定2級は、その難易度の高さから、試験対策に適した教材や情報が比較的少ないという問題があります。

そのため、自分自身で適切な教材を見つけ出し、効率的な学習方法を編み出す能力も求められます。これには、自己学習のスキルや情報収集能力が必要となります。

ドイツ語検定2級の勉強法

次に、ドイツ語検定2級の勉強法について見てみましょう。

ドイツ語検定2級の勉強法としては、以下のようなポイントがあります。

  • 試験の構成と解答形式の理解
  • 文法問題の対策
  • 長文問題の対策
  • 聞き取り問題の対策
  • 参考書の活用

試験の構成と解答形式の理解

ドイツ語検定2級は「筆記試験」と「聞き取り試験」の2つの部分から成り立っています。

筆記試験は、文法、語彙、読解などの基本的なドイツ語能力を評価します。一方、聞き取り試験は、リアルタイムでのドイツ語の理解力を評価します。

問題の回答形式は、選択肢から最も適切なものを選ぶ形式が主ですが、一部の問題では自分で単語を記入する形式もあります。これは、受験者が自分の言葉で思考し、適切な単語を選ぶ能力を評価するためです。

文法問題の対策

文法問題では、文の書き換えの練習をすることが重要です。

これは、同じ意味を持つ異なる表現方法を理解し、適切な文法形式を選ぶ能力を評価します。また、属文を含む文の語順をマスターすることも重要です。

これは、ドイツ語の語順が英語とは異なるため、正確な語順を理解することで、より自然なドイツ語表現を身につけることができます。

さらに、動詞と前置詞の組み合わせを覚えることも重要です。これは、前置詞の選択が文の意味を大きく変える可能性があるためです。

長文問題の対策

長文問題では、語彙数を出来るだけ増やすことが重要です。これは、多様な語彙を理解することで、より複雑な文章を理解する能力が向上するからです。

また、文の意味を細部まで読み取ることも重要です。これは、文の全体的な意味だけでなく、個々の単語や表現が持つニュアンスを理解することで、より深い理解を得ることができるからです。

さらに、アカデミックな文章に親しむことも重要です。これは、アカデミックな文章は一般的な文章よりも複雑で、より高度な語彙や表現を使用するためです。

聞き取り問題の対策

聞き取り問題では、問題の形式に慣れておくことが重要です。これは、リアルタイムでの聞き取りは、読解とは異なるスキルを必要とするためです。

また、会話の内容を理解することにフォーカスし、単語が会話内に登場する単語が選択肢に含まれていたとしても、その選択肢を安直に選ぶことは避けるべきです。これは、単語の意味だけでなく、その単語が会話の中でどのように使用されているかを理解することが重要だからです。

参考書の活用

独検の公式過去問題集や独検2級に特化した問題集を活用することで、試験対策をより具体的に進めることができます。これらの資料は、実際の試験と同じ形式の問題を提供するため、試験の形式に慣れることができます。

また、過去問題を解くことで、自分の弱点を把握し、それに対する対策を立てることができます。さらに、特化した問題集は、特定のスキルや知識を強化するのに役立ちます。

ドイツ語検定2級の勉強時間

最後に、ドイツ語検定2級の勉強時間について見てみましょう。

ドイツ語検定2級に合格するために必要な勉強時間は、個人差がありますが、おおよそ 400時間〜600時間 と言われています。これは、ドイツ語学習歴が2年〜3年程度で、週に10時間〜15時間程度勉強する場合です。 もちろん、これはあくまで目安であり、自分のレベルや目標に応じて増減させる必要があります。

また、勉強時間だけではなく、勉強法や質、学習時間を最大限に活用するためには、効率的な学習方法を採用することが重要です。これには、自分の学習スタイルに合った教材の選択、学習目標の設定、そして定期的なレビューと評価が含まれます。

例えば、視覚的な学習者は、図表や映像を含む教材を選ぶことが有益であるかもしれません。一方、聴覚的な学習者は、音声教材やリスニング練習に重点を置くことが有益であるかもしれません。

さらに、学習時間を確保するための戦略も重要です。これには、一日の学習時間を固定する、学習時間をスケジュールに組み込む、または学習を日常生活の一部に組み込むなどの方法があります。例えば、通勤時間や休憩時間を利用して単語カードを見る、またはドイツ語のポッドキャストを聴くなどの方法があります。

最後に、ドイツ語検定2級の試験対策には、過去問題の練習や模擬試験の受験も重要です。これにより、試験の形式に慣れ、自分の弱点を特定し、試験に向けた学習を調整することができます。

以上のことから、ドイツ語検定2級の試験対策に必要な勉強時間は、個々の学習者の状況と目標によります。

しかし、一貫性と頻度を保つこと、効率的な学習方法を採用すること、そして学習時間を確保するための戦略を立てることが、成功への鍵となることは間違いありません。

まとめ

このコラムでは、ドイツ語検定2級に合格するために知っておきたい難易度と勉強法について解説しました。

 ドイツ語検定2級は、ドイツ語で一般的な会話や文章が理解でき、多様な場面に対応できるレベルを目指す試験です。しかし、実際にはかなり難しい試験です。基本的な文法や単語を定着させることが合格への近道です。

ドイツ語検定2級に合格するためには、過去問や模試を活用して試験形式に慣れることや、文法や単語をしっかり覚えることや、ドイツ語の音声や動画を聞いて聴解力を高めることや、ドイツ語の文章やニュースを読んで読解力を高めることや、ドイツ語の先生や友達と話す機会を作って会話力を高めることや、日本語とドイツ語の間で翻訳力を高めることなどが必要です。

ドイツ語検定2級に合格するためには、おおよそ400時間〜600時間の勉強時間が必要です。これは、週に10時間〜15時間程度勉強する場合です。もちろん、これはあくまで目安であり、自分のレベルや目標に応じて増減させる必要があります。また、勉強時間だけではなく、勉強法や質も重要です。

ドイツ語検定2級に挑戦する方は、このコラムを参考にして頑張ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました